一気に液体を吸収する土のう袋|各現場で活躍している

男の人

サブメニュー

防火加工されている

工事現場

建築現場で使用する養生シートの購入を考えているのであれば、通販サイトから購入するという方法もあります。ネットを使えば、他の建築業者でも選ばれている養生シートがどういったものなの知ることが可能です。

詳しく読む

荷重と形式

後ろ姿の男性

一般的に多く使われているベアリングは、深溝型玉軸受と呼ばれるものです。ベアリングは、荷重や形式などによって適している種類が異なるので、よく確認するようにしましょう。

詳しく読む

賢く利用する

現場

自社で足場を所有していないのであれば、レンタル業者を利用することをおすすめします。最近は様々なレンタル業者が存在していますが、足場などの建築現場用品をレンタルしている業者もあるのです。

詳しく読む

扱いやすい仕組み

土嚢袋

河川の氾濫や浸水などの水害が発生した際に活躍してくれるのが土のう袋です。土のう袋の中身というと、土や砂が一般的でした。しかし、土や砂などでは隙間から水が浸透してしまい、効果が得られないことがありました。そのため、従来の土のう袋では気休め程度でしかなかったのです。しかし、最近では袋の中身を吸水ポリマーを使っているものがでており、とても注目されています。吸水ポリマーは、おむつや生理用ナプキンなどにも使われているものと同じで、液体を吸収する性質が特徴です。液体を吸収するのですが、吸い込んだ水分を漏らすことなく保ってくれるのです。ですから、その性質を土のう袋にも活かされていて、川や海水などの水分を吸収してくれます。また、水に触れることによって吸収ポリマーが膨らむという仕組みで、使用する前はペラペラの袋の状態です。この状態から、水に反応した際にどんどん膨らんでいくのです。

吸収ポリマーの性質を利用した土のう袋は使用前ですとかさばる心配もなく、重さもないので保管や管理がしやすく、様々な自治体や業者に活用されています。また、一度膨らんだ袋の処理もとても簡単で、専用の溶液に浸けるかもしくは天日干しすることで脱水完了となります。その後は燃やすゴミとしてゴミに出せるので、とても簡単に処分することが可能なのです。気になる環境への影響ですが、その面でも安全性が認められています。工事現場などで使用される目的としては、除水などをする際に活躍しているようです。